LASTING長持ち

劣化対策

住み始めたときには新しくきれいだった住宅も、
年を重ねるごとに徐々に劣化していくことは避けられません。
少しでも長く、快適にお住まいいただくために、
建物のあらゆる箇所において、劣化を軽減させる対策を施しています。

壁内通気

湿気による住まいの劣化を防ぐため、建物全体の通気を確保。
風通しの良い構造で建物の長寿命化を図っています。

家にとって湿気は劣化の大きな原因のひとつです。その湿気は、ふだん目に触れることのない壁の中や床下にも潜んでいます。その見えない湿気対策として、外壁内部の構造に通気層を設けることで、壁内湿気を常時放出し、腐食や錆から躯体を守ります。また、『二重壁構造』により雨や雪など外からの直接的な湿気にもしっかりとシャットアウト。

床下換気(基礎パッキン)

湿気の溜まりやすい床下もしっかり換気。

床下の換気を行うために、基礎と土台の間に敷く通気部材『基礎パッキン』を採用することで、基礎内をムラなく全体的に風が通るので換気量は換気口を設けた従来の基礎に比べて1.5~2倍。基礎コンクリートと土台の木が接触しないので湿気も伝わらず劣化を防ぎます。また、土台には十分に乾燥させたヒノキ無垢材を使用しています。ヒノキ材の特徴は耐久性に富み、シロアリが嫌う樹種の代表格でもあります。

防蟻処理(モクボーペネザーブ)

シロアリ対策も万全。

自然界に存在するホウ素系化合物の防腐防蟻剤。ホウ酸は揮発する事が無いため、その効果は長期間持続。 ホルムアルデヒドやキシレンなど問題となる揮発性有機化合物を含まない。国宝や重要文化財などの木材部分の保存にも使用

基礎の劣化対策

家を支える基礎が健全な状態であることが重要です。

鉄筋コンクリートに使用する鉄筋を空気中に放置すると、錆びてしまいますがこれは鉄が酸化してしまうために起こる現象です。コンクリート中の鉄筋ではコンクリート内部が高いアルカリ状態に保たれ保護されています。しかし、このコンクリートが年数が経つにしたがって大気中の炭酸ガスと化学反応をおこしアルカリ状態を失っていき、酸性へ傾く中性化が進むと鉄筋がさびて膨張を始め表面のコンクリートがはがれる現象が発生し、コンクリート劣化の大きな原因の一つになっています。したがって、「コンクリートの中性化」を防ぐため、耐久性上必要なかぶり厚さ(鉄筋表面とこれを覆うコンクリート表面までの最短距離)を確保することが重要となります。

対策①

基礎のかぶり厚さ:60㎜以上
立上り・ベースの厚さ:150㎜

建築基準法では、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さを基礎立上り部分で40mm以上、ベース部分で60mm以上と規定されています。素材工房では、立ち上がり、ベース厚さ共に150mmとすることで、かぶり厚さを60mm以上確保しています。

対策②

表面塗膜

基礎表面に意匠性塗材(ジョリパット)を塗装することで、コンクリートの中性化を防ぎ、鉄筋の腐食、コンクリートの塩害やひび割れを防止する退色の非常に少ない顔料を使用。色褪せが極めて少なく、いつまでも仕上がりの美しさを保ちます。

屋根の劣化対策

機能性を維持しながら、鮮やかな美しい屋根をいつまでも。

屋根は、雨や雪、強い紫外線から建物を守る役目を果たしています。
劣化は雨漏りの原因となり、構造躯体へのダメージや住空間(天井や壁)へも影響を及ぼします。
また、紫外線や酸性雨による色あせは、建物全体の美観を損なうことにも…。
素材工房では、屋根の種類によってそれぞれの特製に合わせた劣化防止対策を行っています。

軽量瓦

紫外線に強く、色あせしにくいトップコート(グラッサコート)を採用。30年相当の耐候性試験でも色の変化が少ないことが実証されています。
※一部トップコートが異なります

金属屋根(ガルバリウム鋼板)

ニスクカラーの塗膜には、最新の高耐候化技術を導入。特に屋根用色においては遮熱機能との相乗効果により、高い耐候性を備え、塗膜劣化による色褪せを防いでくれます。

陶器瓦

高温焼成される硬い陶器質は、品質・性能の劣化が極めて少なく、酸性雨にも強く色落ちしない素材です。

10年保証

地盤・建物一体10年間保証

日本住宅保証検査機構の検査と素材工房独自の
検査による二重チェックシステム

①地盤調査・地盤保証

基礎仕様を選定するために地盤調査を行います。

②配筋検査

コンクリート打設前に鉄筋の太さや配置が図面通りか検査します。

③構造体検査(上棟時)

主要な構造部分である構造パネルなどが図面どおり適正に配置され取り付けられているかなどを検査します。

④防水検査

外壁やバルコニーなどの防水工事が的確に行われているかなどを検査します。

10年間無償保証

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で義務づけられている基本構造部分(柱や梁などの住宅の構造耐力上主要な部分、薄いの侵入を防止する部分)だけでなく、床、壁、天井などの仕上げ材からサッシ、内部建具に至るまでお引渡しの日から10年間は当社無償保証規定にのっとり、メンテナンスをさせていただきます。

10年間無償アフター点検証

お引渡し後1か月、6か月、1年後、2年後、5年後、10年目の合計6回の定期訪問点検を実施し、10年間無償保証を、より完全なものとしています。

10年保証の対象

安全・安心
長持ち
健康・快適
デザイン
静鉄ホームズ 静鉄グループ