SAFETY安心・安全

耐震性能

オリジナル『PHV構法』

軸組+2×4のハイブリッド構法。

家は、災害などの大きな力から家族と財産を守る存在でなければなりません。
より強固な構造体をご提供し、安全と安心をお約束すべく、軸組工法と2×4構法の両方を手掛ける素材工房が独自に開発したのが「軸組+2×4」の『PHV(POWERFUL HYBRID VESSEL)構法』。
軸組構法と2×4構法の良さを融合させることで、これまでにない耐震性を発揮する構造躯体を実現しました。

耐震性をさらにアップさせる2つの構造

① ポスト・レイアウト構造

1本の柱で土台から軒までを通すことで、
1階と2階とを強固に一体化。

耐力上重要となる2階のコーナー部分などには、1階と2階を貫く通し柱(ポスト)を配し、高強度・高精度な建物へと進化させた『ポスト・レイアウト構造』。自然災害による大きな揺れや屋根にかかる荷重をしっかりと受け止め、スムーズに逃していきます。

② モノコック構造

6面体で外からの強い力を吸収し、
激しい揺れにもしっかりと抵抗。

床・壁・天井の6面すべてを構造用面材で構成する『モノコック構造』。地震や台風などの外からかかる強い力を建物全体でしっかりと受け止めながら、吸収することで、建物のねじれを防ぎ、激しい揺れにもしっかりと対応する構造です。

耐震強度は建築基準法の1.5倍を上回る設計基準

建築基準法の耐震基準は、過去の大きな地震の後に何回か改正され、現在の数値になっています。しかしながら、それを超える大地震(東海大地震等)が予想される中、素材工房ではいち早くこの耐震基準を社内的に検討し、実現しうる最大の耐震基準を採用しています。耐震等級3は国が定めた建物の性能を表す数値の最大のものですが、素材工房ではさらに上の数値を設計基準と定めています。
※プランにより数値は変動します。

フルベース基礎(ベタ基礎)

様々な地盤に対応した強固な基礎構造

大震災に対して安全な基礎とは、地盤に適した設計と確実な施工技術によって造られます。
地盤調査は、『スウェーデン式サウンディング試験』により、コンピューターと連動して地耐力を探り、実際に地面に穴を開けて地質調査を行います。その結果を元に、必要に応じて地盤補強などの改良工事を行っていきます。
基礎工事においては、フルベース基礎(ベタ基礎)を標準で採用。特に重要な鉄筋(※赤文字箇所)は、建築基準法の2倍の鉄筋を配しています。さらに、用途に合わせて数種類の鉄筋を組み合わせています。

基礎と土台と柱の連結

アンカーボルト

アンカーボルトは、土台を基礎に連結するための、基礎コンクリートに埋め込むボルトで、建物が風圧力や地震力によって生じる引抜きに耐えるために重要な働きをします。素材工房では、構造耐力をさらに高めるために、主要となる壁の両端にもアンカーボルトを設置しています。これは建築基準法の約2倍の量を誇ります。

ホールダウン金物

ホールダウン金物は、建物が水平方向の力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に対抗するために、基礎(土台)と柱をジョイントするために取り付ける補強金物です。
従来では、アンカーボルトで基礎と土台を連結し、基礎と連結した土台と柱をホールダウン金物で連結していますが、素材工房では、アンカーボルトとホールダウン金物を連結する金具を用いて、直接ジョイントしています。これによって、大きな引き抜き力に対しても、土台に頼ることなく、基礎・地盤で対抗力を発揮することができます。

通し柱+金物

通し柱で約85%以上欠損率を軽減

通し柱に梁受金物を取付け、梁を落とし込みピンを通して接合することで、在来工法における従来の結合方法に比べ、 通し柱で約85%以上欠損率を軽減します。

耐力壁

① ポスト・レイアウト構造

地震発生時、一度破壊された耐力壁は大きな余震に耐えることはできません。特に大きな力がかかる外周の筋交いには、構造用面材をプラスすることによって、大きな力を分散させ、耐力壁が破壊されるのを防ぎます。通常の筋違いと比べ約2倍の強度があります。

構造材

NW(Natural Wood)仕様 《紀州材》

「紀州材」とは、主に和歌山県を中心とする紀伊半島南部と、熊野川流域の奈良県南部から出材される材をいいます。この地方では、吉野林業地の影響も受けながら、他地域に比べて植栽密度の高い植林を行ってきました。苗木を植え、職人の手で間伐を複数回、長年にわたって行うことによって、年輪幅が細かく整った、材面の美しい紀州材が育つのです。そのような美しい紀州材は強度も併せ持っており、住宅建築用材としては日本一の高品質の木材です。

EW(Engineering Wood)仕様 《集成材》

集成材とは、断面寸法の小さい木材(板材 )を接着剤で再構成して作られた木質材料で、大スパン部分などに使用されます。強度面では、無垢材同等以上の性能を有し、接着剤に含まれるホルムアルデヒドは規定値を下回る『F☆☆☆☆』基準となっていますので、安心して使うことができます。

耐火性能

耐火構造

火災に強い『省令準耐火構造』

素材工房の住まいは、3つのポイントで火災から大切なマイホームをお守りします。

POINT① 外部からの延焼防止

隣家などから火をもらわない屋根・外壁・軒裏を防火性の高い構造とし、隣家からのもらい火による火災に備える。

POINT② 各室防火

火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない各室を区画する構造とし、火が他室に燃え広がりにくくなり、避難時間を確保すると共に初期消火できる可能性が増す。

POINT③:他室への延焼遅延

万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる火炎の通り道をなる壁や天井内部の要所にファイヤーストップ材を設け、火が燃え広がるのを防ぐ。

耐風・防水性能

垂木留めビス(タルキック)

屋根を支える垂木をしっかりと固定

垂木留め用の特殊なビス(タルキック)を採用することで、垂木と桁を中心から固定。
ビスの先端がトグロ状になっており引き抜かれにくいことと、ビス頭の径が通常のビスよりも大きいため、より大きな力で垂木を押さえつけていることで、台風などの強い風による屋根の吹き上げを防止します。

屋根材の留め付け

耐風性能と防水性能を最大限に引き上げた屋根施工技術

軽量瓦(ROOGA)

大半の雨水は高精度なジョイント部分と防水堤で浸水を防ぎ、重なり部分に浸入した雨水も新設計の水切り形状によってスムーズに逃がします。
一枚一枚の屋根材を専用のクギでしっかり固定する独自の工法で、強風による屋根材の飛散やズレを防止する設計になっています。

軽量瓦(COLOR BEST)

風の抵抗を効率よく逃す形状設計に加え、一枚一枚の屋根材を4本の釘で固定する独自の釘止め方式で、強風による屋根材の飛散やズレを防止します。
また、屋根材で一次防水を、下葺材で二次防水する2段階の防水設計。もしカラーベスト裏面に浸水した場合でも、下葺材によって野地板への浸水を防ぎます。

陶器瓦

陶器質特有の滑らかさで雨の走りが良く、雨水を早く流し落とす形状に。重ね部分は斜めのカットラインとアンダーラップの2重の水返しを設け、雨水を軒先へ誘導する構造に設計されています。瓦同士がかみ合う形状になっており、一枚一枚の瓦を専用のクギでしっかり固定。強風による吹き飛びを抑制します。

防犯性能

玄関ドア

携帯電話やカードをかざすだけ

携帯電話(おサイフケータイ)やカードが、玄関キーに変身。「カザスプラス」なら、ドアのボタンを押して、かざすだけで解錠できます。

シリンダー錠

ピッキング対策に効果的な2ロックを標準装備。さらに、上部ロックに2つ、下部ロックに1つ、鎌付デッドボルトを採用することで、扉をがっちりとかみ合わせて“こじ破り”に対する抵抗力が高まります。

サッシ

ロック付 空かけ防止クレセント

確実にロックをかけられる『空かけ防止機能』付。障子が確実に閉まっていない場合、クレセントが最後まで回らない仕組みになっているため、空かけ状態になる前に気づくことができます。また、侵入しにくいと思わせるサブロックは、侵入までの時間をかせぎ、侵入をあきらめさせる心理効果も期待できます。目立たず、ロックの位置を特定しにくいのでガラス破りにも狙われにくく安心です。

安全・安心
長持ち
健康・快適
デザイン
静鉄ホームズ 静鉄グループ