ki.ba.ko ZEROキバコ ゼロ

自然素材で建てるゼロエネルギー住宅

ki.ba.ko ZERO「キバコ ゼロ」
ki.ba.ko ZERO外観

「ゼロエネルギー住宅とは」、
住まいの年間消費エネルギーを「創エネ」と「省エネ」を組み合わせることで、
限りなくゼロにする住まいのことです。
太陽光発電の搭載によって電力会社から購入する電気量を減らしながら、
省エネ効果の高いエアコンや照明器具を積極的に採用し、
家自体の断熱効果を強化することで月々の光熱費=ゼロを可能にする住まいが実現しました。
しかも自然素材をふんだんに使った健康住宅で!
地球環境と家族の健康、そしてなによりもお財布にやさしい住まい。
それが素材工房の「ki.ba.ko ZERO」です。

創エネ+省エネ+高断熱で光熱費ゼロの暮らしを実現

創エネルギー+省エネ+高断熱で
消費エネルギーをゼロにするしくみ。

断熱性能がアップすることで、外からの外気を遮断し、快適な室温をしっかりとキープ。省エネ機能の付いたエアコンや消費電気量の少ないLEDライトを使用し、使う電力を抑え、自然エネルギーを利用した太陽光発電システムで、使う分だけの電力をつくりだす。これがゼロエネルギー住宅を実現させるしくみです。

ゼロエネルギー住宅を実現させるしくみ

ゼロエネルギー住宅なら
毎日の光熱費がこんなにお得!

一般住宅とゼロエネルギー住宅の一日に使うエネルギー量を比較してみましょう。

1日のエネルギー使用量のイメージ※2

◎ 父母・子供2人の4人家族 シュミレーション時期は12月を想定

1日のエネルギー使用量のイメージ

※2 上記の表はあくまでも1日のエネルギー量の比較イメージで、数値を保証するものではありません。

ローン・光熱費のシュミレーション

一般住宅とゼロエネルギー住宅のローン返済と光熱費※3を比較してみましょう。

300万円を35年で借り入れた場合(金利は0.9%で算出)

◎ ki.ba.ko ZERO 27坪 3LDK 太陽光発電:4.32Kw 4人家族を想定

ゼロエネルギー住宅を実現させるしくみ

35年間での支払額が約950万円もオトク!※5

※3 シュミレーションでの光熱費には水道際も含まれています。
※4 一般住宅はH25年省エネ基準で、家族人数・お住いの地域を考慮して標準値としています。
※5 表示金額はあくまでもシュミレーションに基づくものです。家の大きさや住む方の生活スタイルによって金額は異なります。

ゼロエネルギー住宅に
住んでる人に聞いてみよう!

本当に光熱費が0円に!ゼロエネルギー住宅にして大正解!

ゼロエネ住宅に対して興味があったか?と言われると、正直ありませんでした。建てる当時に、そういった補助金の枠があるので使ってみませんか?と言われたので、というのが流れでした。普通の生活をしていく中で、ガツガツ売電をしようという気持ちはありませんでしたし、少し生活の足しになってっくれて、エコにも少し貢献できたらいいな・・・、ぐらいでの気持ちでした。実際に生活をしていく中で、恩恵を体感したのは半年ぐらいしてからでした。通常通りの生活をしているのに、光熱費が多いタイプにしたこともあって、毎月の売電が多いことで「ゼロエネルギー」な生活が実現しています。家族三人暮らしの生活で、平均的なガス代が月/5,000円前後、電気代が月/4,000円前後といったぐらいで、夏場の売電額は平均的に月/12,000円前後でしたので、ほぼ光熱費は賄えていたと言う感じです。冬場は売電額が下がってしまいますが、それでも月/9,000円前後ですので十分だと実感してます。
建築のイニシャルコストは上がり、当社は「ホントに大丈夫かな?」と言う気持ちもありましたが、今では毎月の光熱費をグンと抑えることができ、とても満足しています。

静岡市清水区 S様(築2年・3人家族)

□太陽光発電:搭載3.72Kw(CIS製品)
□エネルギー:都市ガス(エネファーム)+太陽光発電のW発電タイプ

最近、ゼロエネルギー住宅はZEH(ゼッチ)とよばれ、『住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロになる住宅』と定義されています。経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

当ページに記載されている数値やデータは、ある条件をもとに計算・シュミレーションをしているため、実際の住宅・住まい方等により異なることを予めご了承下さい。また、当ページのいかなるデータや金額については、これを保障するものではありません。
※1 表記の金額は、4.32kwの太陽光発電を搭載したki.ba.ko ZEROの27坪、3LDKにお住まいの4人家族を想定し、H25年省エネ基準で建てられた住まいとゼロエネルギー住宅とを比較して算出したもので、お住いの地域や建物の大きさ、世帯人数、住まう方のライフスタイルによって異なります。

ゼロエネルギー住宅 相談会開催!

ご相談・来店予約

054-645-5500

電話受付時間/9:00〜18:00(水曜定休)

来場予約フォーム

静鉄ホームズ 静鉄グループ